よくある質問

FAQ

暖炉・薪ストーブにはどんな種類があるの?

埋め込み型と据え置き型が主なタイプ。燃料によっても種類があります。

暖炉・薪ストーブの条件は、炎が見えること。その種類は大きく分けて、埋め込み型(ビルトインタイプ)と据え置き型(フリースタンディングタイプ)の2つがあります。

埋め込み型は壁つき暖炉のことで、煙突が外壁や間仕切り壁一体化しており、レンガや石の化粧材、木や石のマントルピースを伴います。

正面だけでなく二面、三面開口したものもあります。

据え置き型の暖炉・薪ストーブは、不燃材の床の上に本体がのり、基本的に煙突が室内に露出しています。その他、部屋の中央に炉を設けた円錐型や、多角錐方のフードを付けて360度ぐるりと炎を眺められるタイプもあります。薪ストーブは主に暖房器具として発達してきましたが、扉にガラスをはめ込んで炎を眺められるものが増えています。

燃料はまきが一般的ですが、ガスを燃料とするガス暖炉やガスストーブもあります。

暖房効率は良いのでしょうか?

効率だけでは一概に言えない部分もあります。気候や立地、家の断熱性能などを考慮しましょう。

薪には1kgあたり3.500~4.600kcal(含水量によって異なる)の発熱量があります。1時間あたりの薪の消費量と発熱量をかけると、薪の総発熱量が求められます。通常の壁つき暖炉は熱効率が低い(10%程度)ので暖房としてはお勧めできません。暖房器具なら加療調整ができ薪の燃焼量のコントロールも可能な、密閉したファイヤーボックスをもつ機種が適しています。これらの機種の熱効率は50~80%なので、暖房器具としても充分な能力があります。

部屋の広さと暖炉・薪ストーブとの暖房能力の関係は、天井の高さを一般的な2,400mmとした場合、1㎡あたり0.07~0.17kWの熱量が目安です。例えば20畳の部屋は、33㎡ですから2.31~5.61kW(1,987~4,825kcal/h)の熱量が必要となります。熱量に幅があるのは、気候や立地、家の断熱・機密性能、稼働時の室温等により差が出るからです。ちなみに吹き抜けのある場合は、30~40%程度覆い熱量が必要となります。エアコンは1,000kcal/h当たり4.7~9.4円と言われており、それと比較すれば薪ストーブの暖房効率は良くはなく、暖まるまでの時間もかかります。ただし、調理や加湿器、乾燥機などとしても使えること、何より暖かさそのものや暮らしの質が上がることを考えれば、効率だけを見て一概に悪いとは言えないでしょう。

実は薪の準備が一番不安。その種類やつくり方、必要量は?

手軽に購入もできますが手順を学んでしまえば薪を作る楽しみも

暖炉・薪ストーブでいう「薪」の樹木には、大きく分けて針葉樹と広葉樹がありますが、薪としてより適しているのは広葉樹、ナラ・ブナ・クヌギといった秋に紅葉する樹木です。スギ・マツ・カラマツなどの針葉樹は木材が軟らかく、すぐに燃え尽きてしまいます。しかし昨今の木材の需要を考えると、いずれかでなければならないということはありません。

伐採した木を丸太の状態で自宅の庭先まで運んでもらうこともできますし、営林署や森林組合に頼んで間伐材を無料または有料で分けてもらえることもあります。ただし運搬費用は実費になるので、家族や友人と丸太収集のツアーを組むのも一考です。

太さ30cm前後の丸太を4tトラックに積み上げると、1シーズンか2シーズン分位の燃料になります。丸太は暖炉・薪ストーブの燃焼室のサイズに合わせて30~45cm位に切断(玉切り)します。チェーンソーを使用する時は安全のために必ずプロテクター等を装着してください。玉切りしたら、乾燥させる前に割りましょう。木質の軟らかなうちに割るのがポイントです。薪割りには専用の機械もありますが、斧を振るって汗を流すのも楽しいもの。こうして丸太は燃料としての薪になり、乾燥工程へと進みます。

玉切りの丸太よりも細かく割られた薪の方が、乾燥期間が短く均一に乾燥します。冬に伐採したばかりの木は水分をたっぷり含んでおり、広葉樹の含水率は生材で35~60%程度。これをそのまま燃やしても水分の蒸発によりきわめて熱効率が悪くなってしまいます。またクレオソート(煙道内に蓄積する成分。低温で着火する)が大量に発生して煙突や暖炉・薪ストーブに悪影響を与えます。薪の含水率を下げるには、日の当たる風通しのいい場所に井桁上に積み上げて、半年から2年ほど自然乾燥させます。すると含水量は15~20%になり落ち着きます。

そのシーズンに使う薪は前年の内に調達し乾燥保存しておくことが大切です。リンゴや梨の果樹園の剪定枝は、燃やすと甘い香りがして暮らしに彩りを添えてくれるでしょう。

煙が近所迷惑にならないでしょうか?

正しい使い方であれば問題はありません。

現代の暖炉・薪ストーブは、昔に比べて格段に燃焼技術が進歩していますので、正しい使い方と手入れをしていれば、ほとんど問題ないと言っていいでしょう。

煙突から出される煙は、段階によって成分が異なります。薪には水分が含まれており、点火されるとまず水分が水蒸気となって蒸発します。この水蒸気に混じって二酸化炭素、および微量の一酸化炭素、未燃焼物です。この未燃焼物の排出量は、暖炉・薪ストーブの「二次燃焼システム」が十分に機能している状態では、1kgの薪に対して約5g程度。この程度では煙はほぼ透明になるため、煙が出ているかどうかはほとんどわからないでしょう。最も注意したいのは点火時です。この段階では、暖炉・薪ストーブが十分な高温になっていないため、煙には未燃焼物や二酸化炭素などが多く含まれ、近隣の迷惑になることも考えられます。

これを回避するには、十分に乾燥している薪を焚き付けに使用すること、その量に見合うだけの空気を十分に供給して完全燃焼を促すことが必要です。そして除々に火を大きくして暖炉・薪ストーブの温度を高くするようにしましょう。

設定で気をつけたいのは、煙突の高さを十分にとることです。また排気ガスを高温に保つために断熱煙突を使用し、ガスの流速が高め、安定させることを心がけてください。

薪はガスや石油などの化石燃料と違い、再生可能でクリーンなエネルギーです。木が生長する過程で取り込んだ二酸化炭素を排出するので、地球の温暖化(温室効果ガスの上昇)にはつながりませんし、もちろんダイオキシンも出しません。ただし接着剤を使っている合板などは、有害物質を発生する事がありますので、使用しないでください。

これらの点に注意すれば、煙の問題をほぼ回避できるでしょう。ただ、できるだけ近隣に迷惑のかかりにくい時間帯(夕方以降)に使用する気遣いも大切です。

燃焼中に外出したり、就寝しても大丈夫?

近くに可燃物がなければ大丈夫です。

暖炉・薪ストーブの周辺に洗濯物や可燃物がなければ火がついていても問題ありません。外出時はムリに火を消そうとせず、給気量を絞って、おき火を崩し、火を弱めてください。就寝前は、炉内の5割を目安に太めの薪を入れてから休みましょう。そうすれば朝まで薪がゆっくりと燃え続け、室内がほんのり暖かいまま朝を迎えられます。消化のために水をかけるのは大変危険です。絶対にやめましょう。

エアコンなどの暖かさと、どう違うんですか?

エアコンは対流方式暖房、薪ストーブは輻射熱暖房です。

暖炉・薪ストーブが発する熱は、輻射熱と呼ばれます。薪が燃焼すると輻射熱とともに遠赤外線が放射され、その熱線が壁面・家具といったものや人の体に直接届いて暖めます。さらに、やがて空気も暖められて対流し始め、空間全体が暖まることになります。輻射熱暖房の場合、室内の空気を換気しても、暖められたものが発熱し続けるので暖房効果にさほど影響はありません。

一方、エアコンや温風ヒーターなどは、暖かい空気を排出して部屋を暖房します。これは空気で熱を伝えるので対流と呼ばれます。空気で部屋を暖めるため、暖まった空気を換気してしまうと、暖房効果は下がります。

輻射熱暖房の機器には、薪ストーブのほかにオイルヒーター、蓄熱暖房、床暖房、ホットカーペットなどがあります。ちなみに太陽の光の熱も輻射熱。だから暖炉・薪ストーブは、日だまりのような心地よい暖かさを得られるのです。

薪ストーブとの上手な付き合い方

燃焼の着火までの手順

着火の前に

  1. 暖炉・薪ストーブの周囲90cm四方の可燃物を片付けます。煙突付近にある洗濯物やスプレー缶等も忘れずに。
  2. 煙突に腐蝕がないか、接合部にズレがないかを点検します。
  3. 室内にある換気扇を止めましょう。(ストーブの煙を室内へ逆流させてしまいます)

着火

暖炉・薪ストーブにダンパーがついている場合は「全開」にします。バルブ、一次空気取入口等と二次空気取入口等の両方を「全開」にします。(自動式のものもあります)

着火方法は2通りあります。

A)着火剤等の上に乾燥した小割の薪や小枝を小山状にかぶせ、着火剤に点火します。

B)中くらいの薪を炉内の両サイドに1本ずつ置き、その上に焚き付けの薪や小枝を交差させ、さらにその上に中くらいの薪を1~2本置き、最後に焚き付けの上に着火剤を置き、点火します。

A・Bどちらかやりやすい方法で着火してください。煙突が冷えていると煙の吸引力が弱くなるので、最初に着火剤等で炉内から煙突を暖めておくと、薪への着火もスムーズです。

焚き付けに火が移ったらその上に少し太めの薪を2~3本追加します。薪に火が燃え移ったのを見届けたら、一次・二次の空気取入口等の開度を調節して、希望の燃焼温度に近づけていきます。

追加の薪をくべる

薪が真っ赤なおき火の状態であるうちは、薪を追加する必要はありません。実は、炎を上げて燃え盛っている状態よりも、真っ赤なおき火が煌々としている時のほうが、熱量が多く、安定した状態なのです。
このおき火が少し弱まりかけたときに、次の薪を足すようにしましょう。足すのが早すぎたり、むやみにくべると、炉内の温度が下がって低温燃焼となり、不完全燃焼を引き起こす原因になるばかりではなく、薪のムダ使いにもなります。もしタイミングを逃して、下火になり過ぎてしまったら、太い薪と一緒に中ぐらいの薪を投入しましょう。

消火までの手順

消化

ほとんどの薪ストーブは気密構造になっており、一次・二次の給気レバーを閉じることで燃焼用の空気が減少しますが、薪の分解燃焼中に空気を遮断するとタール状のクレオソートが発生してしまうので、やむをえない場合以外は、完全に燃え尽きるまで待つ「自然消火方法」をお勧めします。

消火のために水をかけることは絶対にしないでください。

蒸気が発生して危険な上、熱変化でストーブが壊れる原因となります。

灰の処理

私たちが一般的に使用している固体燃料の中でも薪は灰の量が最も少なく、薪の乾燥重量のわずか1%程度です。薪の燃焼には2~2.5cm厚位の灰床があるほうが有効ですが、溜まり過ぎた場合は取り除きましょう。

通常、一次燃焼空気は下方より取り入れますので、灰が溜まり過ぎると灰が空気の通路を遮断し、燃焼を妨げます。
灰受皿のあるストーブは火格子から灰を落とし、灰受皿が一杯になったら取り除きます。灰受皿のないストーブはドアを開けスコップ等で灰をかき出します。

火が消えたからといって、安易に処分しないようにしましょう。かき出した灰の中には、細かいおきが残っていたり、灰自体がまだ高温の場合もあります。蓋付きの不燃容器に移し、不燃の台か床の上で完全に冷ましてから処分するようにしましょう。可燃の紙やビニール袋等に直接入れることは、絶対にしないでください。火災の原因となることがあります。

灰は完全に火種が消え、冷えきったことを確認してから最終処分してください。灰は良好な土壌改良材となるので再利用するのもいいでしょう。

メンテナンスの大切さ・掃除の方法

燃焼のメカニズムを知ろう

燃焼の3要素
1.燃料…十分に乾燥させた薪
2.空気(酸素)…一次・二次空気・ドア・空気取入口等
3.温度(着火温度)…焚き付け・おき・着火剤等

燃焼の過程としては、焚き付けや着火剤による点火後は、次のような燃焼過程をたどり、これが繰り返されます。

薪の燃焼過程
第1段階:薪の含有水分の蒸発
第2段階:分解燃焼…含有水分の蒸発後、熱分解により可燃ガスが発生。そのガスが着火温度に達し、空気中の酸素と反応して炎を上げて燃え、熱を出す。
第3段階:おき燃焼(表面燃焼)…薪の可燃ガスの放出後、残った炭素が赤熱となり炎を出さずに燃える。※おきの燃焼時はきわめて少ない空気量で燃えます。

薪は燃焼過程とともにその量も形状も変化しますので、効率よく燃焼させるには、それに応じた監視と工夫と手助け(空気取入口等の調整)が必要であり、重要です。
※火災予防と火傷防止のために、暖炉・薪ストーブの取り扱いの詳細については、付属の「取り扱い説明書」を必ず読み、内容を十分理解してから使用しましょう。不明点はメーカーや専門業者に問い合わせるのが大切です。

メンテナンスの大切さ

暖炉・薪ストーブを長く快適に使うためには、メンテナンスや保守点検を怠ってはいけません。安全管理の上でも必要不可欠です。主なメンテナンスの作業は、煙突掃除、暖炉・薪ストーブ本体の掃除、消耗品の点検、交換および補修などです。煙突掃除がなぜ大切かというと、煙突内に付着したすすやタールが暖炉・薪ストーブ本体から伝わる高熱によって発火する「煙突火災」を防ぐためです。

最初に室内側の準備をします。

暖炉・薪ストーブの周囲をしっかりと養成し、暖炉・薪ストーブ本体にバッフル(熱受板)があるタイプはあらかじめ外しておきます。室外は高所での作業となるので安全には十分過ぎるほどの注意を払ってください。

細かな粉塵が飛び散って予想以上に汚れますので、作業しやすくて汚れてもいい服を選び、防塵マスクやゴーグル、帽子などを装着するといいでしょう。

安全・快適に暖炉、薪ストーブライフを楽しむためにも、1シーズンに最低1回は「暖炉・薪ストーブ・メンテナンスデー」を設けたいものです。

※煙突掃除を含め暖炉・薪ストーブのメンテナンスには専用の道具が必要になりますので、専門業者に相談しましょう。

暖炉・薪ストーブの掃除の仕方

<用意するもの>
はしご・ロープ・軍手・養成シート(古毛布でもよい)・防塵用のマスクとゴーグル・安全ベルト・煙突掃除用ブラシ・掃除機・ゴミワイヤーブラシなど

  1. 事前に薪ストーブ周りを養成する
  2. 外部での作業から開始。煙突上部のトップ(ルーバートップの場合は一番頂部の蓋、丸トップの場合はそのトップ)を外す。
  3. 延長式の掃除用ブラシ(煙突径に合ったもの)を煙突内に入れ、5~6回上下させて内壁の汚れを落とす。外部からの作業はこれで終了。
  4. トップを元に戻す。(その際にコーキング等のチェックもするとよいでしょう)
  5. 室内では、落としたすすや灰で炉内が一杯になるので、静かに本体の扉を開けワイヤーブラシ等で内部のすすや灰を払い、灰受けを処理します。細かいすすや灰は掃除機で吸い取ります。(あらかじめ室内の煙突を外してビニール等で塞いでおけば、すすが室内に飛び散らず片付けも簡単です)
  6. 最後に暖炉・薪ストーブ本体のメンテナンスをします。触媒装置のあるタイプは、掃除機で目詰まりしている灰を吸い取ります。扉についているガスケットを点検し、不備があれば交換しましょう。続いてガラスの点検と掃除をします。そして煙突のジョイント部や本体のサビ等を点検し耐熱塗料で補修して、作業は完了です。

こんな時どうする?よくある現象と対策

この数十年で日本の住宅は大きく変わりました。断熱材やペアガラス等が普及し、高気密・高断熱性能により、暖房効率や省エネ効果、換気能力も向上しました。高気密型の住宅に薪ストーブや暖炉を取り付けると、室内に煙や目に見えない薪燃焼の廃棄物等が逆流する可能性が高くなります。ケース別に原因と対応策を見ていきましょう。

ケース1 焚き始めに煙が戻る

◆原因1:煙突が冷却されていて能力が低下している。
◇対策:冷えた煙突をプレ・ヒートして暖めます。新聞紙や着火剤に火をつけ、炉の上部にかざして煙突に上昇、気流を起こさせます。煙突が暖まれば煙の引きが良くなり、煙の戻りが解消されます。

◆原因2:暖炉・薪ストーブ本体の給気口または煙突のダンパーが閉まっている。
◇対策:給気口またはダンパーを開けてください。

◆原因3:煙突に異物が詰まっている。あるいは不完全燃焼したすすやタール上のクレオソートが煙突内部に付着。鳥の巣、蜂の巣、その他の動物が煙突に住み着くことも。また雪や氷により煙突のトップが塞がれることも考えられます。
◇対策:煙突を点検して塞いでいるものを取り除きます。タール状のクレオソート等は「煙突火災」の原因になりますので必ず掃除してください。

◆原因4:湿った薪を使用した。
◇対策:乾いた薪を使ってください。乾いた薪がない場合は、薪を細かく割ってから使用してください。

◆原因5:換気扇を回している
◇対策:換気扇を止めてから焚いてください。どうしても換気扇を使用する場合は窓を開けてください。

◆原因6:高い位置の窓(吹き抜け上部、2階の、天窓)が開いている。
◇対策:窓を閉めてから焚いてください。(高所の窓が開いていると、家全体が煙突のような状態になり、煙が室内に流れ出てしまいます)

◆原因7:煙突の総高が低すぎる
◇対策:煙突をもっと高くします。最低限必要な高さは約4mですが、曲がりの数・地域・建物・器具の状況等により変わります。

◆原因8:機密性の高い住宅である。
◇対策:窓や扉を開けて、外気を取り入れてください。機密性が高いと燃焼空気が供給されにくくなり、室内の空気が薄くなって外気が煙突から入り込もうとするため、煙が戻ります。
直接外から空気を器具に入れたり、外壁に穴を開けて給気口を設けて外気導入をすることもできます。

◆原因9:燃焼用の空気が足りない。
◇対策:空気取り入れ口を開けてください。

ケース2 火を焚いて、しばらくしてから煙が戻る

◆原因:風が吹いている。
◇対策
A)煙突(屋外)の近くに煙突より高い気や建物などがあると、風が煙突に吹き込んで煙が室内に戻ってしまうことがあります。この場合は専門家にご相談ください。
B)風が吹く方向の窓を少し開けます。
C)逆流防止トップを取り付けます。
D)強制排気ファンを取り付けます。

ケース3 前述の原因以外の場合

◆原因1:一重煙突である。(煙突が冷えやすい)
◇対策:二重や三重断熱煙突に交換してください。

◆原因2:煙突の大部分が屋外にある。(外気で冷却されやすい)
◇対策:家の中に煙突を設置し直してください。

◆原因3:煙突の横引きが長すぎる、あるいは煙突の曲がりの数が多い。
◇対策:横引きを避けて曲がりを減らしてください。

いずれの場合も、工事が必要となります。専門家にご相談ください。